ハーブティーとともに過ごすゆとりのある生活

いつものティータイムをもっと優雅にもっと素敵に楽しんでみるのはどうでしょうか。

たとえば、一人のティータイムにミントの香りを堪能するのはどうでしょう。
たとえば、恋人・夫婦で彩り豊かなラベンダーに肩を寄り添って見とれてみるのはどうでしょう。
たとえば、友人を招いたディナータイムにローズヒップを飲みながら美容について語り合うのはどうでしょう。

朝日を浴びながら飲むハーブティーも素敵だし、寝る前に読書をしながら飲むハーブティーも素敵です。
急な来客時に「ハーブティーしかないんだけど、いい?」なんて言ってみたいものです。

忙しい毎日に心を癒す時間を作ってみてはいかがでしょう。
数百種類とあるハーブティーの中からあなたにあった最高のハーブティーを探してみませんか。
きっと優雅で素敵な新しい世界が待っているはずです。



ハーブティーの楽しさ

世界中で愛され続けているハーブティー。
その理由は、楽しみ方がたくさんあるからではないでしょうか。

 @選んで楽しむ
   ハーブティーの種類は軽く百種類を超えています。
   飲むシチュエーションや家族の体調によってハーブティを選ぶのも楽しいものです。
   また、花を使うハーブティーや葉を使うハーブティなど
   そのバリエーションも多種多様で飽きることはありません。
   
   色や香り、味や効能を考えながら選ぶ楽しみは他の飲み物にはありません。
   

 A飲んで楽しむ
   甘味、苦味、渋味。甘酸っぱいものから煎茶っぽいものまで幅広い味を楽しめます。
   煎れたときの色も特徴的です。
   ルビーを思わせる赤色から時間が立つと紫色に変化するものなどとてもお洒落です。
   最大の特徴といえるのはその香りでしょう。
   リラックスできる香りや元気のでる香り、睡眠を促す香りと人間に欠かすことのできない香りです。
   この世で最も豊かな香りを持つ飲み物といえるのではないでしょうか。
   
   ハーブティーには、快い香りや鮮やかな色合いなど他の飲み物にはない感動があります。

 B効能で楽しむ
   ハーブ(herb)とは、「香辛料や民間療法に使用する香草・薬草」の事です。
   イタリアやインド、アメリカなど世界中で昔から薬として利用されていました。
   日本では薬草、中国では漢方薬、インドではアーユルヴェーダと身近なところに存在しています。
   特に最近の研究では、ビタミンCを含むことから美容効果も期待されています。
   
   鎮静、解毒、美容など人間の生活に欠かせない要素をたくさん含んでいます。



ハーブティーは『香・色・味』を楽しめるだけでなく『』の効果もあります。
生活の一部にハーブティーを加えて健康でゆとりのある生活をおくりましょう。



ハーブティーの注意点

ハーブティーは医療として利用されていたほど強い効能があります。
誤った利用をすると思わぬ症状に見舞われます。
とくに、高血圧、妊娠中・授乳中の方は、飲む前にハーブティーの効能や注意点を確認しましょう!

[PR]女性の為の真面目な出会いサイト CD研磨機 DVD研磨機 カラケン ジェイソンウィンターズティー